トップ / 自律神経を整える食事とは

自律神経が原因の耳鳴り

自律神経を整える食事とは

自律神経と耳鳴り改善の食べ物

食事と自律神経の働きには密接な関係があります。たとえば脂分や塩分の多い食事ばかり摂っていると、交感神経が優位になり過ぎてしまうのです。自律神経がバランスよく働かなければ、私たちの体は健康な状態を保てません。自律神経のバランスを整えるためには、副交感神経を活性化させる食事を摂ることが肝要です。

たとえば消化される際に腸内をゆっくり進む食べ物は、副交感神経が働く時間を長くしてくれます。これは腸の「ぜん運動」が、副交感神経によってコントロールされる活動だからです。腸をゆっくり進む食べ物としては、食物繊維の多い野菜や玄米などがあげられます。これらの食品を、上手く毎日の食事に取り入れてみてください。

このほか酸っぱい食べ物や辛い食べ物も、副交感神経の活性化に一役買ってくれます。刺激のある食べ物を口にすると、私たちの体はその刺激から逃れようとします。これを排泄反射というのですが、この働きは副交感神経が担っているのです。ただ、あまり辛いものや酸っぱいものを食べ過ぎるのも考えもの。刺激のある食べ物は、適度な範囲で食事に取り入れましょう。

最後にもう一つ、自律神経を整えるために有効な食べ物をご紹介しておきます。その食べ物とは、発酵食品です。発酵食品が腸内環境を整えてくれることは、多くの方が知るところでしょう。腸内環境が整えば、自ずと自律神経のバランスも整います。なぜならば、腸の働きと自律神経は密接に関係しているからです。

これに加えて、発酵食品は免疫力も高めてくれます。腸内に善玉菌が増えることで、免疫細胞が強化されるのです。これだけの効果が期待できるのですから、健康のために発酵食品を摂らない手はないでしょう。以上のように、副交感神経の働きは食べ物によって活性化できます。ぜひ食事を見なおして、自律神経のバランスを整えてください。